食事で体臭改善なんて嘘か!?本当に食べ物で臭いが消える?

食費を作る男女

そもそも食事で体臭改善なんてできるのでしょうか?

はい。できます。

だってニンニクなど臭いものを食べると、体も臭くなりますよね。
ですから、食べるものによって体臭は違うということが言えるのです。

さて、ワキガを初めとする気になる体臭。
繰り返しになりますが、
これには食生活も大きく関係しており、食事の内容によって体臭が大きく変わると言われています。

たとえば、肉類。
これは体臭の元となる食べ物の中でも、特に注意しなくてはなりません。
何故なら肉類は胃腸への負担が大きく、体内に長く滞在。これによってアンモニアを体内に充満させ、独特な体臭を発生させます。

アンモニアは本来であれば尿として排泄されるのですが、過剰な肉類の摂取をしてしまうと排泄が追いつかなくなるのです。
肉類だけでなく、乳製品やアルコールも体臭の原因になります。

逆に体臭を改善してくれる食べ物も存在し、主に梅干しやレモンといった酸っぱい系は体臭への効果が抜群。

これらに含まれるクエン酸には体臭の原因となるたんぱく質を積極的に分解する働きがあり、臭いを根本から抑え込んでくれます。

緑黄色野菜にも体臭改善効果があるとされており、緑黄色野菜に含まれるクロロフィルやカロチンは、臭いを消す作用を持つと言われています。

さらに豊富な食物繊維は腸内環境を整備して善玉菌を増やし、体臭の原因にもなる悪玉菌の数を減らしてくれます。

腸内環境が整備されていない人は便秘になりやすく、溜まった便も体臭や口臭の原因となるので、これはかなり効果的でしょう。

これと同時にキノコ類など、アルカリ性の食品を食べておくと、酸性の食べ物を中和し、臭いを抑えてくれます。

こういったことから、体臭が気になる人は肉類や乳製品を避け、レモンや野菜などを積極的に摂取するといいでしょう。

食事よりも早く体臭が気にならなくなる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする